お葬式、初七日における宗派ごとのしきたり

お葬式、初七日は、仏式にて故人を見送る形態ですが、各宗派にてそのしきたりは異なります。キリスト教の場合は、教会で友人や知人、親族を招いて行いますが、儀式の流れは、牧師が先導して聖歌の斉唱、祈祷、聖書の朗読をします。その後は自宅や教会にて茶話会をして、故人を偲びます。服装は仏式と異なり、カジュアルな衣装で参列をしても問題ありません。これはキリスト教の教えで、死は神様のところに戻るので喜ばしいことである、との意味合いからくるものです。

プロテスタントでは亡くなってから一ヶ月目にお見送りの儀式を教会か自宅で行います。これを記念集会と言います。カトリックの場合は、三日目、七日目、三十日目のいずれかで追悼ミサの儀式を行います。それぞれ数珠などの装飾品は不要です。お布施は献金という形で教会に寄付しますが、当日携わってもらった牧師やオルガン奏者にも謝礼を渡します。金額の相場は教会ごとに異なりますから、確認しておきましょう。カトリックでは、仏教でいうところのお葬式、初七日法要とは別で、典礼暦にて11月2日を死者の日と名付けています。これは、キリスト教会員の故人を記念するための追悼ミサの機会とされています。

神式の場合では、霊祭と言われる法要が行われます。自宅やお墓の前で行うことが一般的です。お葬式の翌日には自宅でお葬式が無事に終わったことの報告をする儀式をします。そして仏式の初七日法要の代わりに、神父を主導とした十日祭を行います。親族や友人を自宅などに招いて遺影の他思い出の品などを飾り、故人を偲びます。神主が祝詞を読むことで、故人のご加護を祈願します。参列者は玉串奉奠にて礼拝をして、故人をお見送りします。十日祭後は皆で会食をします。神式における献杯は、故人を偲び供養する意味合いも含まれています。服装は仏式と同じく男性、女性とも黒を基調として喪服で出席するといいでしょう。装飾品は、光り物は控えます。平服での案内をされた場合でも、派手なものやカジュアルすぎる衣装は控えた方が無難です。