お葬式、初七日でのお布施の準備

お葬式、初七日法要の際に、お布施の準備があります。金額の相場はもちろんですが、渡し方や包み方などでもマナーがあります。その点を踏まえて紹介します。僧侶に渡す金額は、各宗派共通で3万円から5万円が相場です。菩提寺がある方では、寺院とのお付き合いや地域ごとの相場により異なる場合があります。わからなければ菩提寺や地域の代表者に確認するといいでしょう。葬儀社が代行して僧侶を手配する場合は、別途葬儀社への手数料が必要です。予算についても、お葬式の相談を兼ねて確認する方法もあります。

お葬式と同日に行う場合も、お布施をお葬式用、初七日用と分けて僧侶に渡します。渡す際には、たとえ封筒に入れていても直接手渡しは失礼に当たります。小さなお盆などにおいて渡すようにしましょう。その際に、故人を供養してもらったお礼の言葉を添えます。間に合わない場合は、袱紗に奉書紙、封筒を包んでも問題ありません。包み方は袱紗をダイヤ型に広げて、中央より右に奉書紙、封筒を置きます。右、下、上、左の順で包みます。色は紺色や紫などシックな色合いが望ましいです。僧侶に渡す際には袱紗を開いて、包みを取り出して袱紗の上に乗せてから渡しましょう。

初七日法要でのお布施の包み方や表書きを紹介します。奉書紙にお札を包みますが、つるつるしている素材が表でざらざらしている素材が裏です。中包み、奉書紙の順で包みます。手に入らない場合は、文具店などで白封筒を用意して問題ありません。ただし、郵送用タイプを使用するのは避けましょう。表書きは不祝儀ではないので、薄墨ではなく、黒ペンタイプの黒墨で書くようにしましょう。住所、氏名、金額を縦書きで記載しますが、奉書紙の場合は中袋の裏面に記載します。封筒は裏面の左側に住所、氏名、右側に金額を記載します。金額を記載する際には旧字体で記す方が望ましいです。お札の包み方ですが、奉書紙の場合は開いたときにお札の人物が上になるようにします。封筒の場合は表側上部にお札の人物がくるようにして入れます。