お葬式、初七日での服装について

お葬式、初七日法要の場合、服装や装飾品について悩む人もいるでしょう。それぞれ別日に行う場合を含めて、服装について紹介します。男性の場合は、紋付き袴やブラックスーツで問題ありませんが、喪服の方がいいです。特に仕事の合間に初七日法要に参列される方もいますが、ビジネススーツだとマナー違反ととられかねません。喪主をされる場合は、5つ紋付き袴やモーニングスーツが適していますが、間に合わない場合はブラックスーツで問題ありません。ネクタイや靴下、靴なども黒で統一してください。

女性の場合、和装では紋付きの着物ですが、洋装の場合は黒の無地ワンピースやアンサンブルが相応しいでしょう。スカートは、ひざ下が隠れる丈のものが無難です。夏場は半袖や七分袖の服で参列しても問題ありませんが、肌の露出が多いものは避けます。妊娠されている方は、暗い色のマタニティー衣装で問題ありません。ストッキングや靴も黒で統一します。お子様の場合は、男女問わず小中高校生の場合は学校の制服を着用します。未就学児童など制服が間に合わない場合は、男子は暗い色のブレザーとズボン、白のワイシャツを着用します。女子の場合は暗い色のワンピースと、インナーで白のブラウスを着用します。大学生の場合は、礼服を着用して問題ありません。お葬式や初七日を自宅でされる場合は喪服がいいですが、家族の意向で普段着にする場合は暗めな色を選択します。

お葬式、初七日法要で身につける装飾品について紹介します。結婚指輪以外で光り物を身につけることは避けましょう。男性の場合はネクタイピン、女性は金具付きのバッグやブレスレットなどが含まれます。腕時計も金物の場合は外し、靴は金具がついていないタイプを選びます。ハンカチを持参する場合は、概ね全て黒の衣装を着用しているため、派手な色よりは紺や黒の暗めな色がいいです。アクセサリーも金物はつけない方がいいですが、真珠は問題ありません。真珠は涙を意味していることから、故人を見送る意味合いも含まれます。