お葬式の初七日法要に関するマメ知識

お葬式、初七日法要の流れと精進落としについて

お葬式、初七日法要の流れと精進落としについて お葬式で初七日法要がありますが、追善法要の一つで故人の死後7日目に行われます。仏教の教えでは四十九日法要までの期間は中陰と言われており、その最初に行われる法要のことです。数え方は亡くなった日から7日後に行われますが、地域によっては前日から数えて7日後に催す場合もあります。

お葬式、火葬を終えてから7日後にとり行われる場合が多かったのですが、近年ではお葬式後または火葬後にとり行われる場合が多いです。これは、ライフスタイルの変化に伴い、親族や知人らが7日後に改めて参列することが難しくなったことが理由の一つです。主には繰り込み初七日法要として、告別式後に行われます。僧侶の読経は位牌や遺影に向けて行われます。これに対して、火葬後に葬儀場にて行われる法要が、繰り上げ法要です。

初七日法要における準備を紹介すると、お葬式当日に行う場合は、概ね葬儀社が代行して会場設営などの準備をしてもらえます。しかし、参列者や僧侶への対応は遺族の方で行います。僧侶へは、法要後にお布施とお車代を渡します。目安としては、お布施が3万円から5万円、お車代が5千円から1万円が相場です。それぞれに白無地の封筒を用意し、表書き上段にお布施、お車代と記載をし、下段に喪主のフルネームを記します。特に菩提寺がある場合は寺院で手配する流れとなりますが、ない場合でも葬儀社が宗派に合わせて手配してもらえることが多いです。

精進落としという会食をお葬式や火葬後に設ける場合は、前日までに仕出し料理店にて人数分の料理若しくは弁当を用意します。一人当たり3千円から4千円が相場です。料理のメニューは肉や魚などを避けたものを用意するしきたりがありましたが、近年ではそれが薄れています。飲み物もアルコールなど好きなものを用意して問題ありません。個別で弁当を手配した場合、予め確認した数と異なる場合が想定されます。急な事情で会食に参加できなかったり、初七日当日までに参加の確認が出来なかった方が会食に来られる場合です。出席が見込まれる方は、僧侶や親族の他に親しい知人、会社や地域の代表者となります。予め多めに手配して、余った分はお葬式当日にお世話になった方に渡す形が良いでしょう。席次は喪主や遺族は末席で、僧侶は上座です。なお、僧侶が辞退する場合は、料理分程度のお膳料を用意するといいでしょう。喪主の役割は開会前の故人を偲ぶ挨拶と、約1時間後のお開きの挨拶をすることです。四十九日法要及び納骨の日時が分かれば、この時に案内するとスムーズです。

お知らせ

  • [2018年11月09日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年11月09日]
    運営者情報を追加しました。